×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

日本100名山 雲 取 山 平成14年11月23日 晴れのち曇り

<所在地>  東京都奥多摩町. 案内図
一等三角点のある雲取山頂
<標 高>  2017 メートル
<駐 車>  後山林道終点.路端駐車     
<コ−ス> 駐車場−三条の湯−三条タルミ−頂上−往路を戻る。
登山道は難所もなく登り易い。
<出発時>  午前9時。
<歩 程>  往復6時間位。

東京都で一番高い山、しかも百名山、何時か登りたいと思っていた山だった。青梅街道の「お祭り」を右折し川沿いの後山林道の終点に駐車、橋を渡り工事中の道を川沿いに紅葉の中三条の湯まで歩き、飛竜山との分岐を右折すると、富士山の見える三条ダルミまでは3時間であった、ここで一休み、左折すれば飛龍山、ここを右折してきつい急坂を登り山小屋のある広い頂上まで45分だった、帰路は雲取山の全容を眺めながら駐車場まで引返し。往復6時間位だったかな..


頂上からの富士山
三条の湯から登るこのコースは雲取山の南面で、晴れていれば暖かいはずだが、やや曇りがちで風が冷たい感じであった。頂上に着くと風もさらに冷たく指が痛い、思わず避難小屋に入り暖をとる、そこえ後から来た中年の3人の登山者がガスコンロで料理を始めた、暖かそうでうらやましい、後日ガスバーナー購入の動機となったのは言うまでもない。この頃は未だ登山歴が浅く、私には山座同定がままならなかったが、頂上からの眺めは抜群で、南側に大菩薩峠が見え、その奥に富士山が見えていた。雲が出てきたのでアルプスは望めなかったが南西方向の山並みも素晴らしかった。


頂上から北に向かえば秩父の三峯方向で、東側に下りれば鷹巣山を経て奥多摩街道に出られるが、車に戻る宿命なので往路を引き返すことになる。
三条タルミへ向かう帰路の急斜面では、大型犬を4匹連れた調教師の一行に出会った、凄い大型犬の迫力に犬好きの私でも少し緊張したが、調教師の言いなりになっていた犬を見て安心した。

年度別へ戻る
地区別へ戻る
 案内図
戻る 刀剣売買・100振り展示・鑑定無料
 しのぎ刀剣美術館