×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

小 沢 岳

平成16年2月4日  晴れ.薄曇り

<所在地> 群馬県.南牧村
<標 高> 1.089メートル
<駐 車> 石灰採掘工場跡。
<コ−ス> 椚平らしきところ...途中で引き返す。
<出発時> 午前9時。
<歩 程> 途中で引き返し..計測なし。


西上州のマッターホルン



駐車
  
午前8時45分
地元の人数人に道を尋ねたら、小沢岳を知っている人は
少なかったし道も解らなかった。いよいよ酒屋さんによ
って聞いてみると、椚平からよりも..と、教えて貰っ
たのが石灰工場跡地。ここの横から登ると良いらしいが
小沢岳登山口の標識は無い。


動物の足跡  
檜の植林された山道を沢づたいに登っていくがだんだ
ん細くなってとうとう道が亡くなったが、頂上らしい形
が見えてきたので道無きところを動物の足跡におびえな
がら強引に進んだ。小沢の小の字も標識がない。



急斜面
 
11時55分
道が無く雪があって登りづらいが頂上らしきものが見
えるので進むことにしたが、絶壁に突き当たりこれ以
上進めないと判断して引き返すことにした。。


振り返ると赤城方面がよく見える。
急斜面で雪も怖いのでアイゼンを装着。
木の根を頼りに下山。
椚平
何とか登ろうと思い、再度地元の人に椚平と云う場所
を尋ねて車を走らせた。終点の椚平と思える所は飲料
用水源地としてコンクリートの囲いのある場所でハン
ターの四駆が駐車してあり、その横にスペースがあっ
たので駐車して登山道の標識は無いが再チャレンジ。

しばらく行くとハンターが4匹の猟犬と共に下山して
きたので様子を聞くと、全く知らないと云う。

何かイヤな予感もするし、午後になっていたので諦め
て返ることにした。

小沢岳の正確で安全な登山口を知っている方は教えて
ください
ギブアップ 

戻る
日本刀に関する一切の業務ならば
やっぱり
しのぎだからしのぎ
しのぎ刀剣美術館