×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

山梨県 三窪高原 平成17年1月5日(水) 快晴

<所在地>  山梨県塩山市. 案内図
<標 高>   1.681メートル
<駐 車>  柳沢峠無料駐車場     
<コ−ス> 駐車場登山口−柳沢の頭−見晴台
<出発時>  駐車場.午前11時0分。
<歩 程>  往復2時間位。

昨年末の30日、久しぶりに東京も埼玉も降雪で私の住む周辺では20糎ほどの積雪であった。しかし31日と元旦の晴天で道路の雪は解け、周辺の低山では雪の痕跡すらなくなっていた。それでも山梨県ともなれば山には雪があるだろうからアイゼンも必要だろうとリュックに詰める。1月振りの登山なので足慣らしには三窪高原が良いだろうと8時に出発、飯能から軍畑に出て青梅街道で山梨に入る、柳沢峠の途中の道路はアイスバーンの所があったが心配するほどではない。峠の頂上にある売店の裏側にある駐車場に着いたのは11時少し前だった。

登山道の雪道
高原入り口 午前11時0分
駐車場にはバス2台と乗用車が2台駐車しており、軽四輪のハンターが2名で打ち合わせをしていた。少し雪が多いようなので登山道の様子をハンターの人に聞いたら「スパッツが無いと無理だろう」、と云われた。それでも踏み跡を頼りに行ける所まで行こうと思い登山開始。駐車場から10分ほど歩いたが登山道の雪道はスパッツが無くても大丈夫の様子であった。途中で池袋から来た65才と云う男性に行き会い一緒に頂上を目差す事にした。話ながら登るうちに眺望の開けた「柳沢の頭」に出た。ここは海抜1701b、富士山が見事だ。
柳沢の頭から北へ下り、急坂道を登れば三窪高原の見晴台に出る。ここからの眺望は360度、南側の富士山は云うに及ばず、南アルプス、白鳳三山等がずらりと見える。北側には冠雪の金峰山の五丈岩が山々の向こうに顔を出していた。雲取山は飛竜の陰に隠れて見えなかったが以前に登った黒川鶏冠山は東側で目の前にある。12時少し前であったが昼食にして綺麗な青空を楽しみながら下山する。
 恵林寺 午後2時
 山梨と言えば武田信玄の里、そしてゆかりの寺
 と云えば恵林寺である、凍りついた長い参道に
 ある幾つかの門をくぐると左側に三重の塔があ
 り右側には広い池があってりオシドリが氷をか
 き分けて泳いでいた。
イチゴ狩り 午後3時
インターネットで正月からイチゴ狩りが出来る、と、あったので道々イチゴ狩りの旗を頼りにフルーツ公園隣のハウスに入る。女主人は気前が良く、イチゴを採って試食させてくれた。店で買う物よりも粒も大きく甘くて美味い。段ボール詰めの物と孫用の物を買う。
フルーツ公園 (山梨県山梨市江曽原1488)
ここは高台なので眺望は抜群、足下に山梨市街地が一望出来、山並みの向こうには富士山が見えていた。公園内を散策して4時になったので、公園の裏側にある「ほったらかしの湯」へ行き、「あっちの湯」を選び露天風呂から夕焼け富士と、新日本三代夜景に指定の見事な夜景を楽しんで来ました。

フルーツ公園からの眺め
戻る  年度別へ戻る
      地区別へ戻る
 フルーツ公園−山梨県山梨市江曽原1488

刀剣常時100振り展示、鑑定無料


しのぎ刀剣美術館