×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

秩父 秩父御岳山 平成18年9月20日(水)  晴れ

<所在地>  埼玉県秩父市大滝   案内図
頂上の祠クリックで拡大
<標 高>  1.081b  
<駐 車>  道の駅.特産物直売所    
<コ−ス> 駐車場-登山口−普寛トンネル-頂上−往復
<出発時>  駐車場午前7時 - 山頂9時
<歩 程>  往復4時間位(休憩食事時間とも)。

久しく公休日と天気とのタイミングが悪く山には行けずにいたが、今月になって天候に恵まれたのでかねてより計画に入れて置いた秩父御嶽山に行くことにした。秩父御嶽山に着いては既に各方面で詳しく説明しているので、私がここで説明することは無かろうと思うので登山者の一人として思いついたままを記録として記すことにします。この山は登山コースが沢山あるようですが私が選んだ「落合コース」が一番最短コースのようです。沢に沿って杉の植林された薄暗い登山道は荒れていましたが、それでも滝が多いので楽しいコースです。沢を何度か渡るのだが橋の老朽化が目立ち、幾つか壊れた橋もありました。沢から分かれると急登の登山道は滑りやすくなり帰りが案じられました。一時間半位で、普寛トンネルと云うトンネルのある林道に出ました。これを左接してトンネルの上を歩く状態の山道は広いが急登で滑りやすかった。やがて稜線に出て右に行くとロープと鎖の設備された道になり、そこをクリヤーした所が頂上であった。頂上は非常に狭く、祠が祀ってありましたが頂上の表示板が無いのでちょっと寂しい感じがしましたが三角点は埋設されていたので頂上には相違ありません。祠の横には釣鐘があったので打ち鳴らし、素晴らしい眺望を楽しんで9時40分に下山しました。下山途中で漆の紅葉一番乗りが見られました


普寛神社
 am-7:00

神社裏の登山口

普寛トンネル 8:30
頂上手前の鎖場 9:00
頂上の祠
 9:10

南西方向の展望

西側.両神山方面

西北西方面

北方面

日光方面
頂上の眺望は木に囲まれて東側と東北方面は開けていません。参考に方向版をご覧下さい。
なお、秋の気配はしていましたが、この山は紅葉の時期には素晴らしいと思います。
登山コースの参考図はこちらからご覧下さい。
戻る  年度別へ戻る
 地区別へ戻る
  鑑定無料・研磨・白鞘
  しのぎ刀剣美術館